20年以上も前から問題になっていた温暖化とは。

どのようにして気温の上昇が進み、どのような影響がでてくるのか。

今回はそこに目を向けてみたいと思います。

温室効果ガスに覆われる事で、地球は太陽の熱を閉じ込め、熱を外へ出しにくくなります。

閉じ込められている大気中の濃度が高まり、熱の吸収が増えた結果、

気温が上昇し始めている事が地球温暖化の原因となります。

その要因となっているガスはさまざまですが、二酸化炭素による影響が最も多く、

70%以上の割合を占めております。

石油や石炭など化石燃料の燃焼などにより、排出される二酸化炭素が増える一方、

二酸化炭素の吸収源である森林が伐採され、森林が減少している事が大きな要因となっております。

このまま温暖化が進んでしまうと、

気候が変わり・海面上昇・動植物の減少、その他生体系の変化や森林火災など、

今まで起こっていなかった事が増えつづける事が予想されます。

そのため、温室効果ガスの削減はもちろん、温暖化の影響に対する対策も考えていかなければいけない状況です。

地球温暖化・コロナ・SDGs・値上げ・戦争・核兵器・原発・円安などなど、

さまざまな環境・社会の変化を軽視できなくなっているのが現状ですね。

環境問題に向き合っている国や企業では、食品や化粧品に使用される原料の制限や

禁止する等対策を行っており、サステナブルな取組みとして行っております。

私共も化粧品の容器や資材、原料など、SDGsの達成に貢献できるよう、お客様へご提案を行っていく次第です。

毎日使う化粧品だからこそ、自分にも環境にも良いものを使用したいですね!!

#スキンケア#化粧品#薬機法#薬事法#表記#ルール#フェイスマスク#国産#国産原料#酒粕#残渣#果物#野菜#フードロス#地球温暖化#町興し#地域活性化#6次産業#SDGs#日本#和#JAPAN#エコパッケージ#課題解決#高品質#一貫製造#化粧品OEM#温泉#柚子#レモン#日本酒#ギフト#お土産#ご当地#ホテル#アメテニィ#香り#インバウンド#メイドインジャパン#小ロット#化粧品OEMメーカー#化粧品事業#異業種#新規参入#値上げ#値上げラッシュ#価格高騰#差別化#環境問題

化粧品製造に間して
お困りのことはありませんか?

原料開発から行えるグランデュールは製造力はもちろん、企画、販売促進までワンストップで化粧品製造のサポートが可能です。

その他の関連記事

  • 6次産業化

    「6次産業化」とは? 

    1次産業としての農林漁業、

    2次産業としての製造業、

    3次産業としての小売業等の事業


    との総合的な推進を図り、 農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取り組みです。

    これにより、農山漁村の所得向上や雇用の確保を目指す事を言います。

    地産地消で農産物等の価値をまた新たな面で、見出していく事は

    昨今の環境問題への取組に繫がります。

    残渣や食べ物の皮・種等捨ててしまう部分を化粧品として、検討いたしませんか。

    グランデュールでは廃棄物の問題解決が出来るかもしれません。

    お気軽にご相談くださいませ。

    実績商品

  • お肌の5月病

    GWが終わりあっという間に5月も後半へ。

    5月病とはよく聞きますが、お肌の5月病はご存じでしょうか?

    ・初夏になり、気温の変化や紫外線の影響によるもの

    ・新しい環境での些細なストレスの蓄積

    ・実は乾燥している

    ・花粉や黄砂による外的要因

    天候による野菜の価格高騰や物価上昇等、さまざまな社会問題がある中で受ける

    小さなものから、天候や黄砂によるものまで私たちはさまざまな自覚のないストレスの蓄積も肌等に影響している事でしょう。

    UV対策はもちろんですが、クレンジングや洗顔等でしっかりと汚れを落とす事。

    落とした後は化粧水や乳液・クリーム・美容液等でしっかりと保湿する事。

    たまには贅沢なスキンケアをすること。

    等々、しっかりとスキンケアをしてこれから始まる夏に向けて、 お肌の土台作りをしてバリア機能を高めていきましょう。

  • 春のゆらぎ肌

    4月になり、暖かい日が増えてきました。

    横浜ではすっかりお花見シーズンに突入いたしました。

    同時に植物が道端に増え、虫も増え、紫外線が気になる季節に突入いたしました。

    冬の乾燥していた時期から、花粉や紫外線の影響・新しい環境等による疲れなどから、

    肌が荒れやすい時期とも言えます。

    まだ夏ではないからと紫外線を甘く見ていると、後で後悔するかもしれません。

    何故なら、春の紫外線は真夏の紫外線とほぼ変わらないとも言われているのです。

    紫外線を甘く見すぎると、将来のシミ・シワを育ててしまうかもしれません。。。

    日焼け止めや帽子等の日焼け対策はもちろんですが、紫外線を浴びたなと思った後は

    フェイスパックでの肌の鎮静やいつもより少し贅沢なスキンケアをしてみては如何でしょうか。

    日々の積み重ねがきっと、今後の元気な肌を形成していきます!